自家用車を仕事目的で使う際に、必ずしなければならないことについてご説明します。今まで買い物やレジャーなどの日常目的で車を使っていた人が、自分自身の会社を立ち上げるなどして自営業を始め、家の車を業務目的で使うようになったと仮定します。保険会社によって異なるものの、使用目的の違いによって車の使用頻度に差が生じるため、車の使用目的は、主に「日常・レジャー使用」、「業務使用」、そして「通勤・通学使用」の3種類に区分されています。当然、車の使用頻度が高ければ高いほど、交通事故が発生する危険性が高まります。そのため、各保険会社では使用目的によって保険料の区分をしており、各区分ごとに保険料の額も異なります。もし、前述の例のように車の使用用途が変わった場合は、直ちに自分が加入している保険会社または代理店に申し出る必要があります。万が一、契約時に申し出た使用目的と実際のものが異なっていた場合は「告知義務違反」、そして今回のように契約後に使用目的が変わったにも関わらず、保険会社または代理店に申し出なかった場合は「通知義務違反」となります。これによって、保険会社から一方的に契約を解除されたり、保険金が下りないことがあるため、十分注意が必要です。