「ドライバー保険」というのは、保険証券に名前が記されている記名被保険者が、他人の車を借用して運転中に起こった事故について、必要な補償を行うことを目的とした、特別な自動車保険のことをいいます。
この保険は、運転免許証をすでに持っている人のみが加入することができますが、免許を持っていても自分名義の車は所有していないという場合や、レンタカーを運転するという場合などについて、特にメリットの大きな保険です。
車を所有している人向けの一般的な自動車保険と同じように、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険などの各種の補償がセットされていますので、運転中に起こる事故にともなう被害のほとんどはカバーすることができます。
ただし、注意しなければならないのが、この保険でいう「他人」の位置づけであり、一般の自動車保険では同居している家族は「他人」にあたらず、加入者本人と同じように補償が受けられる範囲に属しています。
例えば、自己所有の車がないため、家族が所有している車を日常運転するという場合については、この保険ではなくて、車の所有者である家族が加入している自動車保険のほうから補償を受けることになります。
このようなことから、保険の契約にあたっては、補償の範囲を約款などでいったん確認してからのほうが望ましいといえます。