自動車の保険は一つだけではなくて大きく分けて2つ存在しています。
その種類になるのが自賠責と任意になります。
自賠責は自動車購入時に加入しなければいけないとしていて、3年もしくは2年で更新するようになっています。
更新するタイミングは車検時になっており、ここで必ず更新させます。

もう1つ任意は、自分で加入するのかそれとも加入しないのかを決められます。
加入しなくてもよく、問題なく乗れるのですが、ただ手厚い保障を考えるとかなり必要としています。
自賠責は、保障はもちろんありますが手厚い保障というわけではありません。

相手を怪我させてしまったなど人に対しての保障はあるのですが、物損に関しての保障はありません。
相手の自動車などを事故で壊してしまった場合の支払いはかなり大きな金額になることが多いです。
そうなると支払いできない可能性も十分でてきてしまいますので、自動車など物損に関しても保障をしてくれる任意が必要になります。

任意に加入するのは、ある程度家計の負担となるけれども、万が一のことを考えると加入していたほうが負担がかなり少ないですので、自動車購入をしたら加入することをオススメです。
事故は自分がしっかりと気をつけていても起こりうることですので、しっかりと備えをしておきましょう。