運転免許は持っているものの、車そのものは所有しておらず、もっぱら他人から借りた車を運転しているという人向けの自動車保険として、「ドライバー保険」と呼ばれるものがあります。
一般的な自動車保険でいうところの対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険といった基本的な補償内容がセットにされているため、ドライバーにとっては非常に使いやすい保険であるといえます。
このドライバー保険でも、実は一般の自動車保険と同様のノンフリート等級制度が採用されており、契約期間を通じて無事故で運転できていれば、次回契約に際しては1ランクだけアップすることとなり、その分だけ保険料の割引といった優遇が受けられるようになっています。
また、将来的に自前の車を購入するなどして、ドライバー保険から同一の損害保険会社で取り扱っている一般の自動車保険に契約を切り替える場合についても、実はこの優遇措置はそのまま引き継がれることになっています。
したがって、もしドライバー保険を使っている人が保険料の優遇を受けたいのであれば、次年度のランクアップを目指して無事故での運転に心がけるというのが、もっとも効果的な方法であるといえます。