営業や訪問介護など、社員がマイカーを会社の仕事目的で使用する頻度が高い場合については、会社側が自家用車使用規程などを整備して、ガソリン代や保険料の負担のあり方や、マイカーの業務使用時の上司の承認制度などをあらかじめ取り決めておくのが一般的といえます。椅子01
もし社員がマイカーを運転している最中に事故を起こしてしまった場合には、一義的にはマイカーを運転していた社員個人の過失となりますが、民法には使用者責任の規定があるために、仕事目的での利用であれば、賠償金を取りやすい会社に対して、被害者からの損害賠償請求が来ることが多いものとみられます。これは、社員が上司の承諾なく、無断でマイカーを仕事上の目的で使用した場合についても避けられないものとみられます。
ただし、事前に使用規程が整備されていて、会社として社員の監督に遺漏がないことが明らかになれば、会社として損害賠償に応じる割合は少なくて済む可能性がありますので、使用規程の整備は社員のマイカー使用がある場合の注意点のひとつとなります。
また、マイカー使用時の事故について、社員と会社のどちらが加入する自動車保険でカバーすべきかという点についても、使用規程のなかで疑義がないようにしておく必要があります。