一般個人向けの自動車保険では、ノンフリート等級と呼ばれる制度が設けられており、保険料の割引や割増をするための基準として広く用いられています。
これは、運転者をいずれかの等級に区分して、契約期間中に事故を起こした人は翌年度にその等級を何ランクかダウンさせ、逆に起こさなかった人については1ランクだけアップさせるという操作を行うことによって、ランクに見合った保険料の割引率または割増率を適用させるというものです。
基本的に、他人の車と衝突して相手にケガを負わせたり、ガードレールにぶつかって車体を傷つけたなどの理由によって保険会社に保険金の支払いを請求した場合については、翌年度には3ランクほどダウンすることになる取り決めとなっています。
また、子供のいたずらによって駐車場にあった車に落書きを描かれたとか、走行中の飛び石によってフロントガラスが傷ついたなどの軽微な理由で保険金を請求した場合については、翌年度に1ランクのダウンとして扱われることになります。
保険会社に保険金を請求する場合には、一部の例外はあるものの原則としてランクダウンの対象となり、翌年度からの保険料が割高になる影響があるものと考えたほうがよいでしょう。